ウィッグは髪のアンチエイジング

薄くなった髪の毛を何とかしたいというのは、なかなか解決方法として難しいし、

 

時間もお金もかかります。

 

だけれど、ウィッグを使えば、時間もお金もさしてかからないです。

 

医療ウィッグなみの高品質でその割にはとても安いウィッグが通販でもてているので

 

そりを使えば、自然に見えるので、とても簡単に髪のボリュームを出せます。

 

さらに、おしゃれもできて一石二鳥。

 

髪を染めなくてもいいし、最初にカットしてしまえば、

 

美容院代もかからないしで、逆にコストカットになる場合もあります。

 

ウィッグは選び方が大事なので、失敗しない様、

 

ウィッグのおすすめの選び方などをみてから購入するのがおすすめです。

ロングの地毛にショートのフルウィッグはつけられるの?

フルウィッグってどうやってつけるのだろう・・・・

 

初めてウィッグの事を知った時には、とても不思議に思ったものです。

 

エクステなどと違い、頭に載せるものですから、

 

自分の髪の毛があるのにどうしてかぶれるのかな・・・

 

やっぱり髪が長いと、それよりもショートは無理なんじゃないかなと思ったりしました。

 

まったしかに、かなりのロングで髪の毛が多いのに、

 

ボブショートのフルウィッグをかぶるととかするのはちょっと無理があるかもしれませんが、

 

ロングだけれで、たまたにはショートやミドルしてみたい。

 

だけどせっかく伸ばした髪を切るのはちょっといやだと思う事があると思います。

 

ですから、そんな場合はウィッグで一時的にショートにするというのがいいわけですよね。

 

伸縮性のあるネットを一度首までいれて、それを、こめかみや渡井のおでこの所まであげて、

 

髪の毛を押し込みながら頭頂部までもっていきます。

 

つまり地毛は、ネットで圧縮してしまう感じです。

 

髪の毛が頭頂部にまとまるように御団子にしておいてもいいです。

 

さすがに超ロングだと、ウイッグを載せた特にてっぺんだけ盛り上がってしまう事もありますが、

 

たいていは、これで地毛の髪の毛はおしこめると思います。

 

それで、フルウィッグをのせれば、ちょんとショートになります。

 

ただ、夏場は髪がおおいとかなりあつくなりますけれどね。

 

こちらに事前に見えるウイッグの情報があるので参考にしてください。